読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまってゆく その夢に

すこしずつ チカヅキタイ

かざましゅんすけ33さい。



風間俊介さんが33歳になるらしい。






わたしが初めて風間さんを認識したのは、金八先生第5シリーズに兼末健次郎役で出演していたあの頃。

1999年のことである。





…17年も経ってしまった。



16歳だった風間さんは33歳に、

10歳だったわたしも、今年27歳になる。


いつのまにか、風間さんを知らずに生きてきた時間よりも、風間さんを知って生きた時間の方がよっぽど多くなってしまっているのだから、これはなかなかすごいことだと思う。






わたしが風間さんのファンをやっている中でも、風間さん32歳のこの一年の間には、大きな2つのターニングポイントがあった。





まずひとつめ。

素晴らしい映画への出演。



32歳の風間さんも、舞台に映画にドラマにバラエティ。

華々しい他のジャニーズタレントに負けず劣らずのたくさんの仕事をこなした。


中でも、

“猫なんか よんでもこない。”。



彼主演のこの映画は、わたしの中で、金八先生アキハバラ@DEEPに並んで風間俊介三部作と呼べるほど素晴らしいものだった。



猫よん。の良さを語ったらキリがないので、それはまたいつか別の機会に。



ひとつだけ言いたいのは、監督さん、スタッフさん、出演者の皆さんはもちろんのこと、何よりも最高の共演猫、チンとクロを演じてくれた、のりことりんごに最大級の拍手とありがとうを。

2匹と風間。最高のトリオでした。






ふたつめ。


これは忘れてはならないこと。



2015年10月。








彼は事実上、

“ジャニーズJr.” を “卒業” した。


ジャニーズWebでの単独コーナー設立に伴うものだ。








これに対しては、賛否両論様々な意見が溢れた案件だったと思う。


それでもわたしは、案外すんなりと、

“あ、そうなんや”

と受け入れることができた。



多分それはきっと、

“僕一応ジャニーズなんですけど歌ったり踊ったりしないんですよねぇ”

と、いつもと変わらないあの人懐っこい笑顔を見せてくれる風間さんがいてくれるからなんだろうなと思っていて。



だからこそというか。

この度設立された新しい情報局にも、あえて風間さんの名前は登録しなかった。


6月下旬から、かざとまはせetcのための新しい何かができるんだろ?

公式で事務所がそういうなら、わたしは堂々とそれを待つ。そういう意気込みだ。




なにはともあれ風間さん。

言い方がとても難しいのだけど。



ジャニーズJr.卒業おめでとう。

あなたに乗っかる肩書きが、ひとつだけ減ったらしい。


ここまで、とってもとっても、長かったですね。










この2つのターニングポイントのあったこの一年。

なかなかに自分の中では風間さん確変の年だった。





今年もたくさんのお仕事お疲れさまです。

そしてありがとう。









今年も、風間さんらしくいてくれたら、それだけで嬉しいです。


風間さんが歩けば、もうそれが、

風間俊介の道になる。

そう思ってます。







33歳のお誕生日、

おめでとうございます!